当サイトは個人ブログです。主に旅行記をかいてます。コメント、メッセージ大歓迎!

「のだめカンタービレ」の舞台を訪ねて。百塔の街プラハ旅行記 その①

2019年7月。欧州が記録的猛暑の最中、私はプラハの ヴァーツラフ・ハヴェル・プラハ国際空港 に降り立った。

プラハ国際空港

私がプラハを旅行先に選んだ理由は、「のだめカンタービレ」という映画にて主人公「のだめ」と「千秋」がプラハ城へと続く新登城道を歩いている風景がとてもとても美しく実際に見てみたくなったからだ。

前日早朝に成田空港から韓国仁川空港を経由し、この日夕方15時にプラハへと到着した。空港でデビットカードから現地通貨チェココルナを2000チェココルナ(日本円で8500円)引き出し、少し古びた自動券売機でプラハ市内3日券というバス、トラム、地下鉄を3日間(72時間)乗り放題のチケットを購入し、「119番」のバスでプラハ市内中心部を目指す。

プラハ国際空港から地下鉄を経由してマラー・ストラナ駅で降りた。プラハ城最寄りの地下鉄駅だ。決して自慢ではないが、私は道に迷った事が無い。地図を見て進めば迷うわけがないといった人間だ。けれども迷う人の心理も理解しているつもりなので聞き流して欲しい。

マラー・ストラナ駅 周辺

マラー・ストラナ駅から地上に出ると、強い陽射しに唇が渇いていくのを感じる。青空だ、、どれ程美しい景色も太陽と青空の扶助無しに美しさを表現出来ない。天に恵まれ、心躍らせながら、プラハ城を目指す。

良ければフォローお願いします!!