当サイトは個人ブログです。主に旅行記をかいてます。コメント、メッセージ大歓迎!

【北軽井沢・嬬恋村】 旅行記

2017年 10月 長野県、軽井沢駅に着いた。残暑厳しい東京とはうってかわり少し肌寒い。

目的地は群馬県北軽井沢一帯だ。北軽井沢とは長野県軽井沢とは全く別で、よく混同されるが、一般的に軽井沢というと長野県軽井沢町を指す。北軽井沢は隣接する軽井沢にあやかって不動産会社が便宜的に名付けた名称だが、今日では広く浸透している。

多くの財界人、政界人が別荘地とした軽井沢に対して、北軽井沢は学者が中心になって土地を購入していった背景がある。両方ともその背景が街の特色に反映されており面白い。

苔が生えた石塀が続く軽井沢の別荘地。

軽井沢駅に到着した私は予め予約していたレンタカー会社に向かった。軽井沢駅から徒歩1分の距離にあるレンタリース軽井沢で車を12時間レンタルし、北軽井沢を目指す。ほぼ1日借りてもガソリン代含め4000円程度なので激安である。ただナンバーが横浜なのには笑ってしまう。

軽井沢は紅葉が始まっていた

中軽井沢に入り北へと進んでいく。星野リゾートを過ぎ、クネクネした山道を10分ぐらい走ると左側に小浅間山がみえてきた。小浅間山の登山口を過ぎ、峰の茶屋で一休憩。ここは旧道の名残である。ここから旧軽井沢まで遊歩道が整備されており、ハイキングが楽しめる。別の機会にチャレンジしてみたい。

鬼押出し園から浅間山を望む

群馬県に入って少し走ると鬼押出し園に到着。かつて浅間山が大噴火した痕跡がハッキリと目に映る。1時間程ハイキングを楽しんだ。鬼押出し園からは北軽井沢の樹海がとても良く見える。軽井沢おもちゃ王国の観覧車がとても印象的だ。

まさに樹海。遠くに観覧車が見える。

鬼押出し園を後にし、高崎市との境界にある二度上峠に向かう。北軽井沢屈指のビュースポットだ。浅間山の麓には北軽井沢の広大な樹海が広がる。

来た道を戻り浅間大滝へ来た。駐車場から徒歩3分程なのでお手軽だ。小規模だが見ごたえはある。

浅間大滝手前の橋

北軽井沢中心部へとやってきた。中心部と言っても軽井沢のような賑わいは無く、非常に静かだ。北軽井沢駅の旧駅舎を見学し、浅間牧場に向かう。

浅間牧場から見る北軽井沢はとても美しく見えると評判だ。売店でソフトクリームを購入し、食べながら300m程登ると展望スペースがある。少し高度を上げただけで、こうも景色が違うのかと感動した。

良ければフォローお願いします!!