当サイトは個人ブログです。主に旅行記をかいてます。コメント、メッセージ大歓迎!

軽井沢【矢ヶ埼山】登山記

2017年 10月 長野県軽井沢の「矢ヶ崎山」を目指して軽井沢駅から東へ進んでいく。駅から15分程歩くと群馬県との県境だ。

長野県と群馬県の県境付近から軽井沢方面を望む

長野県側の南側に矢ヶ崎山登山口がある。非常に分かりにくい。近年矢ヶ崎山登山者が減少しているらしく、登山道は整備されていない。藪に覆われた登山道を登っていく。

矢ヶ崎山登山口

右側に軽井沢プリンススキー場を見ながらススキ野原を登っていくと、少し歩きやすい登山道に出た。

道中でみかけた巨大な岩

道中には巨大な岩がせり出している箇所がいくつかあった。危険を承知で登ってみると、妙義山系の山々が見渡せた。

頂上に近づくにつれて傾斜は急になる。岩をよじ登ると矢ヶ崎山頂上に到着だ。

矢ヶ崎山 山頂

山頂を示す標識が倒れていたので、なんとか埋め直した。頂上からは浅間山と軽井沢の街並みが一望できる。振り返ると群馬県側の山々が聳え立つ。登山口から30程度で頂上まで来れたが、登山道がきちんと整備されていれば10分は短縮出来ただろう。素晴らしい山なのだから、地元の方々の手で維持されていく事を願う。

山頂からみた群馬県側
山頂からみた旧軽井沢

軽井沢の東山は陽が当たり紅葉が一際輝いている。浅間山の巨大な山影が伸びている様はとても美しい。

山頂からすぐ下の軽井沢プリンススキー場に移動する。ここから見る軽井沢は一切の障害物が無く、解放感に溢れている。冬季は勿論、夏季にもリフト運行するそうで、登山せずとも気軽にここまで来る事が出来るそうだ。

矢ヶ崎山とスキー場は連絡可能
プリンススキー場展望デッキ

帰りは浅間山を正面にスキー場を下りていく。このような里山は個人の所有物である事が多いので、登山道以外からの下山は本当は良くないが 、、、

少し下ると降雪機の横に人口雪が溜められていた。プリンススキー場はオープンが早いので、既にコース作りが始まっているようだ。

プリンススキー場は初級者向けのファミリーゲレンデだと思っていたが、実際に歩いてみると斜度も中々あり、中上級者向けのゲレンデのようだ。いつか冬季に滑りにきてみたい。

プリンススキー場ゲレンデ

30分くらいかけてようやく下山。ゲレンデを歩くのは思った以上に疲れるが、少し特別な経験が出来た。

プリンスホテル

軽井沢駅に変える途中、軽井沢プリンスショッピングプラザに寄り道。休日だったので家族連れや外国人で賑わっていた。芝生広場が沢山あり、軽井沢らしく非常に開放的でのどかな場所だ。

新しいトレッキングシューズを購入し、東京への帰路についた。

軽井沢の知られざる絶景スポット、矢ヶ崎山。是非チャレンジしてみてください。

良ければフォローお願いします!!