当サイトは個人ブログです。主に旅行記をかいてます。コメント、メッセージ大歓迎!

東京【神田・湯島・御茶ノ水】散策記 2017年 秋

2017年 11月 秋葉原駅から神田川周辺を散策。万世橋(まんせいばし)に来た。神田川に架かる歴史ある橋で趣がある。橋から東を見ると幾つもの路線が神田川の上を走り、西を見ると旧万世橋駅の遺構を再利用した商業施設マーチエキュート神田万世橋があり、レンガ造りの美しい外観が目を引く。

旧万世橋駅の遺構を再利用したマーチエキュート神田万世橋

神田川には数多くの鉄道橋が架かり、数秒置きに電車が通る。過密ダイヤの東京だからこそ、いつ訪れても電車が神田川を渡っていく様子を目にできる。東京らしい景色でとても好きだ。

遠くに見える工事中の聖橋

昌平橋を渡り相生坂へとやってきた。右側に湯島聖堂、坂の上に聖橋と東京医科歯科大学の学舎が見える。仰高門から湯島聖堂に入り、中を進む。湯島聖堂は日本の学校教育発祥の地として知られ、孔子廟として江戸川幕府五代将軍徳川綱吉によって建てられた。私は大学で少し哲学を学び、孔子の思想に影響を受けた一人だ。彼の「仁」があれば道徳は保たれ社会に安定を与えるという教えは強く感銘を受けた。

湯島聖堂 仰高門
湯島聖堂から神田川を挟んだ対岸のニコライ堂を眺める

湯島聖堂を後にし、聖橋へ。聖橋は橋の南側にあるニコライ堂と北側にある湯島聖堂を結ぶ橋という意で聖橋と名付けられた。橋から東側を眺めると、鉄道三路線が立体的に交差する非常に珍しい光景を目にする事が出来、鉄道ファンにとても人気がある場所である。

聖橋から東方向を望む。3つの路線が立体交差している

この日、聖橋は補修工事中で全景を見る事は出来なかったが、巨大なアーチ型の姿が確認出来る。聖橋の少し西にはお茶の水橋があり、明治通りが南へ伸びる。この辺りは東京医科歯科大学、順天堂大学、明治大学などの有名大学が集中しており、学生街の雰囲気を醸し出している。

東京医科歯科大学前

神田川北岸の紅葉が綺麗だ。東京医科歯科大学周辺の銀杏並木も綺麗に色づいている。江戸時代の地形は現代にほとんどそのまま活かされており江戸城外堀の面影を感じる。

お茶の水橋から西方向を望む。

湯島聖堂のすぐ北側を少し登ったところに神田明神がある。江戸総鎮守の社で朱塗りの社殿が印象的だ。境内からは遠くにスカイツリーも望める。日本三大祭りの一つである「神田祭」もここ神田明神で行われる祭礼である。

神田明神  御神殿

この日は神田明神で婚礼が行われていたらしく御神殿前で記念撮影をしていた。和装に身を包んだ花嫁が見られて幸運。神田明神は入口が 隨神門 、男坂、裏参道の三か所ある。男坂からは神田の街を見下ろすことが出来、とてもいい眺めだ。

古き良き江戸情緒が残る東京神田とその周辺。変わらずにあって欲しいと思う。

神田明神から望むスカイツリー
良ければフォローお願いします!!