当サイトは個人ブログです。主に旅行記をかいてます。コメント、メッセージ大歓迎!

志賀高原「奥志賀高原」 旅行記 その①

2017年 12月 東京から新幹線で1時間40分、長野駅に到着。今日は長野市で一泊し、翌日に志賀高原へと向かう予定だ。

長野駅前の東急ホテルへ荷物を預けて、善光寺へ。

善光寺参道にお洒落な一画を発見。「ぱてぃお大門」という蔵風の建物が立ち並ぶ商店街で、白い壁と紅葉が美しく調和していて良い雰囲気だ。

ぱてぃお大門

参道は景観にとても配慮しており、銀行やマンションの屋根が瓦屋根だったりと善光寺門前町としての雰囲気をなるべく損なわないようにデザインされている。

とあるマンション

門前町情緒溢れる参道を1kmほど歩くと、歩行者天国に。

お土産屋さんが軒を連ねる仲見世通りを通り本殿へ。

善光寺仲見世通り 

何度も訪れた事がある善光寺ではあるが、いつきても壮観だ。今回は善光寺の見所を事前学習してきたので、より楽しめたと思う。

善光寺本殿

ホテルへ戻り、駅ビルで夕食を済ませた。長野駅ビルは数年前に再開発され、とても綺麗。松本駅はいつになるやら、、、、、

ホテルの部屋から見た長野駅

翌日、長野駅東口から終点の奥志賀高原ホテル行きのバスに乗車。所要時間は2時間程。

乗客は外国人の割合が多く、ほぼ満席。

長野市街を抜けるとりんご畑が広がる。今日は晴天で、戸隠山や妙高山がハッキリと見えた。湯田中に入ると雪が積もっている。

湯田中温泉や一ノ瀬で多くの人が下車し、奥志賀に着くころには私一人だけ。

志賀高原の最奥、奥志賀高原に到着。

ホテルグランフェニックス奥志賀

宿泊先はホテルグランフェニックス奥志賀。今日から1週間連泊予定。

皇室御用達ホテルでホテルのクオリティーは長野県でも最上位クラスだ。

お部屋も広く、外観、内装はスイスの山岳リゾートホテルを想起させる。

客室
客室

荷物を置き、早速ゲレンデへ。

リフト券は志賀高原全18スキー場共通リフト券を購入。1週間で日本最大のスキー場を満喫しようと思う。今日は奥志賀高原スキー場を滑る。

ゲレンデ下部

奥志賀高原はどのようなレベルの人でも楽しめるゲレンデで、様々な斜度の斜面を滑る事が出来る。リフトの速度も丁度良い。

ゲレンデ上部

素晴らしい圧雪斜面だ。本当に滑りやすい。

雪質も最高のパウダースノーで、雪質日本一を謳う志賀高原に偽りはないかもしれない。

ゲレンデ上部からの景色

今日は晴天だが気温は0°近い。滑るには最高のコンディションだ。周囲の山が真っ白に雪化粧し、とても綺麗だ。

ゲレンデ上部

ゲレンデ上部からは北アルプスの山並みが望める。樹氷も見事だ。

ゲレンデ上部から見た北アルプス

ゴンドラ乗り場の方へ降りていく。非圧雪エリアも多い。

志賀高原エリアでは唯一?パークも充実している。ただしパーク横のリフトはめっちゃ遅い。

非圧雪エリア

まるでサーフィンをしているような滑り応え。最高だ。

営業時間ギリギリまで夢中になって滑った。

ホテルへ戻り大浴場で疲れを癒す。大きなガラス窓から景色が見渡せる。立ち上がったら下から丸見え(笑)

食事もとても美味しかった。イタリアンと和食があり、山奥とは思えない程メニュー数も豊富でクオリティーが高い。おそらく長野県最高のスキーレストラン。

夜のホテルグランフェニックス奥志賀

滞在する1週間は晴天予定。明日も楽しみだ。

良ければフォローお願いします!!