当サイトは個人ブログです。主に旅行記をかいてます。コメント、メッセージ大歓迎!

オーストリア・ウィーン(プラハ⇔ウィーン)日帰り旅行記

プラハ滞在5日目。今日は日帰りでオーストリア・ウィーンへ。

昨日は1日中ホテルで休息。勿体ないと思われるだろうが、旅をより楽しむ為には必要な時間だ。

日の出と共にホテルを出発し、プラハ中央駅に到着。

プラハからウィーンまでは列車で4時間と少し。距離的には東京から名古屋くらいだろうか。

列車は指定席で割と空いている。乗り心地もよく快適だ。

車窓からはヨーロッパらしい丘陵が望める。チェコ第二の都市、ブルノを通過した。とても小さな街だ。

車窓からの景色。

ウィーン中央駅に到着。24時間有効な乗車券を購入し、地下鉄に乗り換えkarlsplatz駅で下車。

ウィーン中央駅

まずはオペラ座(ウィーン歌劇場)へ。幾度とテレビなどで目にした劇場が目の前に。ウィーンらしい白色の石の外壁と緑色の屋根が印象的。

オペラ座前。中世の貴族衣装を着て劇場チケットを販売してる人達。

オペラ座の周辺にはチケットの販売をしている人が沢山いて観光客にしきりに声をかけている。私も夜の公演を見てかないかと、しつこく勧誘された。

オペラ座のすぐ北側にあるカフェ・モーツァルトに入る。ウィーンといえばカフェ。ザッハトルテを食べずに帰ることは出来ない。

事前に人気のカフェはリサーチ済み。このモーツァルトは1794年創業の老舗カフェで多くの芸術家達が足を運んでいる。

モーツァルトの店内

モーツァルトのスタッフはホテルマンのようにスーツを着こなしてエレガント。品格溢れる店内の雰囲気に写真を撮る事さえ躊躇してしまう。

ザッハトルテモーツァルト、そしてカフェオレ?みたいなのを注文。

注文の仕方も店によって違うので予め予習しておいた方がいいだろう。モーツァルトは座席でオーダーする。

左がザッハトルテ、右がモーツァルト

ザッハトルテは日本でも食べたことがあったが、味はそう変わらない。モーツァルトが特に美味しかった。

カフェを出てテゲトフ通りを進みウィーンで最も有名なストリートの一つであるグラーベン通りへ。歩行者天国?の広い通りにペスト記念柱がそびえる。

グラーベン通りペスト記念柱

この日は残念ながら雨。ウィーンに着いて早々雨なのは気が滅入るが、こればかりは仕方が無い。天気予報では午後には晴れるそうなので、期待しよう。

グラーベン通りを東へ少し行くとシュテファン大聖堂がある。デカい!

屋根がモザイクタイルで一風変わった大聖堂である。

シュテファン大聖堂

ヤソミルクゴット通りに出て、聖ペーター教会を通り、コールマルクト通りへ。

奥にホーフブルク王宮へと続くミヒャエル門が見えてくる。

コールマルクト通り。奥にミヒャエル門。
ミヒャエル門

リング通りに囲まれたウィーン旧市街は本当に見所が多く、一日では周りきれない。

ミヒャエル門、Outer Castle Gateを通過し、ウィーン自然史博物館へ。

目的は展示物では無く、建物。外壁の装飾がとても見事だ。

ブルクリング通りを時計周りに少し歩くと、国会議事堂とウィーン市庁舎が見えてくる。

欧州の市庁舎は非常に立派な建物が多いが、ウィーンは別格だ。

お城じゃんと言いたくなる工事中のウィーン市庁舎
ウィーン市庁舎前の広場 ベンチ多すぎ。調べたらベンチ一つで20万円はするとか。

ウィーン市庁舎は残念ながら工事中で全景を拝めなかった。工事ネットもデザイン性があって面白い。

リング通りのトラム乗り場

さらにリング通りを進むとヴォティーフ教会に。スペイン・バルセロナの世界遺産サグラダ・ファミリアを彷彿とされる外観だ。

塔の内部には螺旋階段が。とてつもない建築技術だ。

ヴォティーフ教会  

時刻は正午程で気が付くと雨はやんでいた。リング通りを走るトラムに乗車しウィーン旧市街を車窓から眺める。どこも絵になる風景だ。

ウィーンの街並み
中心部から少し外れた住宅街。

地下鉄に乗り換えシェーンブルン駅で下車。少し歩いてシェーンブルン宮殿へ。

入場は無料。広大な庭園を自由に散策出来る。宮殿内部は有料。

皇居程広くは無いが、代々木公園くらいはありそうだ。

東側の入口から入場。

植栽の手入れが行き届いた綺麗な庭園で、とにかく道が広い。京都御所を想起する。

シェーンブルン宮殿からグロリエッテを望む

空は徐々に青空が広がり気温も上がってきた。目指すは丘の上のグロリエッテ

ジグザグとした道を歩いていく。曲がる度に後ろを振り返り、景色の変化を楽しむ。

シェーンブルン宮殿とウィーン市街地

グロリエッテに到着。結構疲れた、、

視界を遮るような高い建造物が一切ないので、シェーンブルン宮殿とウィーン市街地を見渡せる。

実はこのグロリエッテは両親の思い出の地。20年以上の時を経て、この場所を訪れる事が出来たのは感慨深い。

グロリエッテ
グロリエッテからシェーンブルン宮殿を望む。

予報通り晴れて気分も晴れやかだ。やはり青空は特別な生気を与えてくれる。

グロリエッテに来るのに思ったより疲れたので、同じ道を戻るのはキツイ。

さぁどうしようかと思い、グーグルマップでウィーン中央駅までの経路を検索。すると近くにバス停があるではないか。時刻表も同時に表示され、グーグル様様だ。たまに間違ってたりするので、信用し過ぎるのも怖くはあるが、、、、

シェーンブルン宮殿には碁盤の目の様に縦横に道が整備されており、どの通りも特徴的で美しい。

ウィーン中央駅に到着。プラハ行きの列車を待っている間に入った日本料理店のうどんがとても美味しかった。

これで400円くらい。ファストフードのようなお店だったが味は最高。

ヨーロッパ屈指の都・ウィーン。2、3日かけてじっくり観光したいと思ったほど魅力に溢れた都市だった。快晴の日にまた訪れたい。

訪れた場所と満足度

  • シェーンブルン宮殿 ◎
  • ヴォティーフ教会 ◎
  • ペスト記念柱 〇
  • シュテファン大聖堂 ◎
  • グラーベン通り ◎
  • ウィーン歌劇場 〇
  • カフェ・モーツァルト◎
  • ミヒャエル門・ホーフブルク王宮 〇
  • ウィーン市庁舎 〇
  • 国会議事堂 △
  • フォルクスガルテン △
  • 聖ペーター教会 △
  • ウィーン自然史博物館 〇
ウィーンのスーパーに並ぶケーキコーナー。種類が豊富。
良ければフォローお願いします!!