当サイトは個人ブログです。主に旅行記をかいてます。コメント、メッセージ大歓迎!

世界一美しい街「チェスキー・クルムロフ」プラハから一泊二日の旅行記

プラハ滞在6日目。お世話になったリンドナーホテルプラハキャッスルとも今日でお別れ。プラハでの滞在を楽しめたのも、このホテルの居心地の良さがあってこそ。

リンドナーホテルプラハキャッスル

今日は「世界一美しい街」として名高いチェスキークルムロフへ旅立つ。機内持ち込みギリギリのリュックサック一つ背負い、最寄りのトラムに乗車。

プラハの交通の要所であるAndel駅で下車。そこから百メートル程歩いてNa knizeciバスターミナルに到着。

ここからチェスキークルムロフ行きのバスが発車する。プラハからチェスキークルムロフへ行くには複数の手段があるが、Na knizeciからのアクセスが個人的にはおススメ。

Na knizeciバスターミナル

バスは事前にREGIOJETで予約済み。当日も座席が空いていれば駆け込みも可能らしい。

Na knizeciからは15人程乗車。意外とアジア人が多め。日本人は私一人だが、韓国人が多い。やはり仁川⇔プラハの直通便がある影響だろうか。羨ましい、、

バスには運転手の他にサービススタッフが乗車。無料でホットチョコレートなど飲み物を提供してくれる。

揺れはさほど無く快適。車窓からは田舎の美しい田園風景が望める。

3時間程でチェスキークルムロフ、ANに到着。綺麗なバスターミナルだ。

チェスキークルムロフ、AN

バス停から30m程登ったところにVyhlidkaという撮影スポットがある。チェスキークルムロフの城下町を一望出来るスポットで意外と知られていない穴場だ。

Vyhlidka
Vyhlidka から見たチェスキークルムロフ城

カプリツカー通りを進んで、チェスキークルムロフ中心部へと続くホルニー通りに入った。

ホテルやペンションに雑貨屋さんが立ち並ぶ。とても賑やか。

少し進むとセミナールニー庭園に到着。プラハまで繋がるヴルタヴァ川を挟んでチェスキークルムロフ城を望めるスポットで、多くの人が写真を撮っている。

セミナールニー庭園

広場に出た。

広場は城下町の中心で広場から四方に道が伸びている。

石畳の小路がとても美しい。水たまりに光が反射し輝いている。

チェスキークルムロフ城を目指して石畳を進む。

あちこちに小路があり、雑貨屋さん、お土産屋さん、ちょっとマニアックなお店など様々なお店が軒を連ねる。

甲冑や武器などが売られていた。
絵具屋

この日は雨が降ったり止んだりで、折り畳み傘を常に手に持ちながら歩く。

チェコの雨はにわか雨が多いらしい。

チェスキークルムロフ城に向かうため、Lazebnicky mostという橋に来た。この橋からはお城の塔が綺麗に見る事が出来る。

Lazebnicky most

橋を渡りラトラーン通りからザーメッケー・スホディ通りに入る。階段を上ってお城の入口のあるザーメク通りへ。

ラトラーン通り
ザーメッケー・スホディ通り

階段の手前にソフトクリーム屋を見つけた。チェコでは頻繁に目撃するスイーツ屋で近々日本にも進出予定だとか。 トゥルデルニークというチェコの伝統的なお菓子。

お城の入口に到着。入場は無料で24時間開放されているようだ。

入口の下にはなぜか熊が飼育されており、観光客が群がっている。調べてみると、昔の王様が熊に追われながらお城に逃げ戻った際、熊は堀に落ちてしまった。以来370年もの間住み着いているという。

チェスキークルムロフ城 入口(内側から)

お城の内部に入るのは有料。国際学生証を提示して少し割り引いてもらい入場。

お城の象徴である塔の内部に入ってみる。

塔の内部の螺旋階段
十字の格子デザインの窓
チェスキークルムロフ城からみた城下街

Cloak Bridgeに到着。非常に特徴的な橋で展望も良く、滞在中に何度も訪れた。

Lavka pod Zamkemから見た Cloak Bridge

Cloak Bridgeからナ・ドロウヘーズディー通りを少しいったところの展望スペースへ。

ポスターなどで目にする景色はこのスポットから撮影されたものだろう。

ナ・ドロウヘーズディー通りの展望スポット

奥に見える丘陵とのコントラストが美しい街並みを際立たせる。

世界一美しい街と形容される景色を堪能し、 ナ・ドロウヘーズディー通りを進み、ザーメツカー庭園へ。

ザーメツカー庭園の奥にはチェコのどこにでもある田舎の風景が広がる。お城のすぐ裏とは思えない。この何でもない光景がとても美しかった。

川沿いに降りてランチに。お城が見えるテラス席へ。

チェコの伝統料理スヴィチュコヴァーを注文。

スヴィチュコヴァー とグリル野菜

美味しいっ!これは日本に帰って作ってみたい。

ランチを食べ終え、ひとまず予約していたホテルへ。

本日宿泊するホテルはVltavska Pohadka。家族経営の小さなホテルだ。

外観は普通の一軒家だ。

Vltavska Pohadka

玄関を開けても人の気配が全くしない。受付のような場所でベルを鳴らすと、しばらくしてスタッフが来た。無事にチェックインを終えお部屋へ。

ダブルベット。窓からはお城が見える
どうあがいても床がびしゃびしゃになるバス。

お洒落で綺麗なお部屋だ。

部屋の窓からはヴルタヴァ川とチェスキークルムロフ城が見える。

少し休息し、再び街歩きへ。チェスキークルムロフの観光エリアは半日もあれば全ての道を歩く事が出来る。今回私は1泊するので時間はたっぷり。気の済むまでブラブラ散策したいと思う。

良ければフォローお願いします!!